ヘアマニキュアよりトリートメント

raudabaughsbarbershop4

ヘアサロンで白髪染めをするとなると、コストがかかりすぎるため、自宅で市販の白髪染めを使って染めていると言う方も多いはずなんですが、白髪染めの成分って気にしたことありますか?
実は白髪染めにはいくつもの種類があり、タイプで分けると髪の内部から染めるタイプと、表面を染めるタイプと言う感じになります。
髪にダメージを与えてしまうのがイヤな方は、表面を染めてくれるヘアマニキュアタイプの白髪染めを使っているのではないかと思われるのですが、こういう事を全く知らずに使っている方も多いようですね。
「なんだか染まりが悪い・・」
「色落ちしてきた・・」
と言う方もいらっしゃるんじゃないかと思うのですが、ヘアマニキュアタイプの白髪染めは表面に色を付けることになりますので、放置時間が短かったりすると満足できる色に染まらないという事もあります。
こういうことからブリーチタイプの白髪染めを使う方も多いんじゃないかと思うのですが、髪の毛の色素を分解して染めてしまうのはあまりオススメされていませんよね。
髪が傷むというのが最大の原因となっているのですが、毎日のシャンプーの際に使うだけでいいという白髪染めもありますから、マニキュアタイプで満足できない方はトリートメントタイプを使ってみることをオススメします。